Answer (回答)

SIEMENSソフトウェアは全てではありませんが原則、SIEMENS ONLINE SUPPORT(SIOS)と呼ばれる専用のWEBサイトにて無料でダウンロード可能です。しかし、実際にソフトウェアを使用する際に対応するライセンスがご使用のPCのCドライブ上に存在しない場合はライセンス無しとソフトに指摘されソフトウェアをクローズするかトライアル版として起動するかとの選択がユーザーに委ねられます。
トライアル版として起動した場合は制限なく正規版と同等に使用することは可能ですが、2~3週間前後の期間限定となります。
期間を過ぎた場合は以後、正規品ライセンスを適用しない限り使用不可となります。
ライセンス情報は隠しデータとしてPC内部に保存される為,ソフトウェアを再インストールしたとしても保持され続ける情報となります。
したがって長期にわたりソフトウェアを使用したい場合はライセンスを購入しPCへライセンスを適用する必要があります。
また、ライセンス購入時はライセンスの入っているUSBとソフトウェアのインストールDVD(WEBサイトでダウンロード可能なソフトと同一)がセットで発送されます。この際ライセンスはUSBとして提供されますが、ドングルキーではない為、注意が必要です。
PCへ挿入するだけではライセンスの適用は成立していないので、必ずUSBドライブからPCへのライセンス転送を実行してください。
また、ライセンスは隠しファイルとなっている関係上一般のエクスプローラーでは存在を確認できません。
ライセンスの確認と転送にはSIEMENSソフトウェアをインストールした際に必ずあわせてインストールされている「Automation License Manager」と呼ばれる専用のライセンス管理アプリケーションをご使用ください。

最後にライセンスは使用PCのCドライブに格納される為、PCクラッシュ時にはライセンス紛失が考えられます。その際にSIEMENSは1度だけ無償の復旧処置依頼が可能なのですが、その際に「ライセンス購入時のパッケージ」及び「ライセンスUSB本体」の写真が必ず必要になりますので、購入時提供品の保管は徹底するよう強く推奨いたします。"